名古屋で外壁塗装の業者を探す際には

名古屋の外壁塗装業者は自社職人がいないところがほとんどで、競合企業が多い為、値段の叩き合いが起こっています。その為、相場は他都道府県より低い傾向にあります。しかし、相場が安いという事は手抜き工事をする人もいるという事です。安いからと値段だけで業者を選ぶのではなく、良い工事をしてくれるかを重視しましょう。また、名古屋で外壁塗装を請け負う業者には大手企業と地元業者がいます。大手企業はアフターサービスの充実やキャンペーンの実施があり、安心感がありますが施工は下請け会社がする事が多く事が多く、中間マージンの発生から高めに価格設定がされています。地元業者はこの中間マージンが発生しない為、価格は安く、また地域性に合わせて工事をしてくれるのが特徴です。ただし地元業者の中には悪徳業者と呼ばれる会社も存在するので、良く見極めなければいけません。

名古屋で外壁塗装を偽る悪徳業者の見分け方

名古屋は全国的に見ても、訪問販売で営業活動を行う外壁塗装業者が多い地域です。甘い言葉につられて契約しない為にはどこに注目したら悪徳業者と見分けられるでしょうか。悪徳業者の大半は訪問販売の際に、ある事無い事言ってきます。今すぐに外壁塗装をしなければ大変な事になるなどと不安を煽られることもありますが、極論、外壁塗装が遅れたからと言ってすぐに家が崩壊する様な事はありません。すぐに値引きする営業マンにも要注意です。頑張って値引きをしてくれると期待に応えてあげたいと思ってしまいます。値引金額が大きければ尚更です。しかし、これが悪徳業者のやり方で、実際に蓋を開けてみればほかの業者と大差なかったり、少し高い事も。外壁塗装の認知度の低さを利用した悪質な手口が多いので、安易に飛びつかず、冷静に対応しましょう。

名古屋で外壁塗装を請け負う自社施工と下請け施工を選ぶなら

名古屋の外壁塗装には種類があり、自社施工とは、自社の職人だけで施工を行う事を指します。下請け施工とは、大手の業者が営業や管理を中心に行い、施行は別会社の工事専門や下請け会社が行うというものです。これを素人が見分けることは、非常に難しく、自社施工ではないが自社施工と言っている会社も少なくないでしょう。下請け施工が悪いという訳ではないですが、利用にはいくつかの注意点があります。1つは下請け業者に依頼する分費用が高くなってしまう事、1つは施工を頼む業者に低い金額で依頼する事で、この2つが大きなカギとなります。契約会社はより大きな利益を得る為にお客さんとの契約料金を高くする、または下請け業者になるべく安く施工してもらうようにします。ところが下請け業者も会社です。利益を出したいのは当然の事なので、結果工事の期間をなるべく短くしたり、材料をなるべく使わないという不具合が発生してしまうのです