電力自由化で選べる電力会社ランキング(東京世帯向け)

ホーム > 電力自由化情報 > 電力自由化後東京で電気会社を選ぶには

電力自由化後東京で電気会社を選ぶには

生活するにも事務所を使うにもどうしても電気は必要となります。
固定費となる部分なので削ることができれば塵も積もってそれなりの金額になるでしょう。
電力自由化に伴い様々な会社が料金プランを用意しているので一度は電力の小売り事業者の変更を検討してはいかがでしょうか。

まずは電気メーターの検針票を用意しましょう。
各社使用量に応じて金額のシミュレーションができる仕組みが用意されています。
過去1年分の検針票があれば正確な使用量でシミュレーションが可能です。
難しければ先月のものだけでもかまいません。
12か月同じだけ使用したと想定すれば金額が調べられます。
他のサービスとセットにすると安くなる場合もあるので
自分が利用しているものとうまく組み合わせて一番お得なプランを探すのが得策です。

尚、電気の供給が危ういような状態になった場合は東京電力や中部電力など自由化前の電力を供給していた会社が
供給をサポートする仕組みが出来上がっているため
どこの小売事業者を選択してもいきなり電気が使えなくなるような心配はありません。

上手に会社とプランを選んで固定費である電気代を賢く減らしましょう。


電力自由化に伴い東京でも複数から選んでお得に

電力自由化に伴い、今までは選べなかった電力会社が自由に選べる時代に突入しました。
東京都に住んでいても複数の電力会社から選べるだけでなく、料金プランやサービスも自由に選ぶことができるようになります。お客のライフスタイルに合った料金プランの選択肢が広がります。また、電気とガスのセット販売などの新しいサービスも選べるようになります。しかし、実際に自由化になったにも関わらずプランを変更せずに現行のままで電力会社を使っているという人も多いようです。その背景には、料金メニューの分かりにくさにも原因があります。電気料金プランを比較するサイトに自分の家庭の条件を入力するとたくさんの料金プランが表示されます。ただ、節約できるとしている電気代が似た水準だったり、違約金が発生する仕組みになっていたりして、選ぶのは決して簡単ではないようです。
プランを探すときには、ガソリン代、携帯電話料金、電車の運賃など、1か月間で支出が多い項目を調べ、その代金と電気代がセットになっているプランがないかを中心に考えれば、より家計に優しいプランを見つけることができるでしょう。


電力自由化で東京などで電気代を安くできます

バブル景気の崩壊から日本における経済活動の低迷状況は続いてきています。
この流れは今後も継続していくことが予想されており、多くの企業や事業所などでは経営戦略の見直しを迫られています。とくに経費の節減などによるコストの削減は急務となっています。そんな中、規制緩和の流れを受けて電力自由化がスタートしています。規制があったときにおいては、電力会社は地域ごとに決められており自由には購入先を選択することはできませんでした。それが自由化とともに自由に選択することが可能になり、それに伴っていろいろな事業所から様々なプランが発売されています。そのために電力会社の選択次第では従来よりも安価で電力を購入することが可能になってきますので、それによりコスト削減を期待することが出来ます。
東京をはじめ大都市においては多くのコストがかかってきます。その中のひとつである電気代を抑えることができれば、事業においても大きなプラスの要素になってくることでしょう。

次の記事へ

ページトップへ